車について

車の仕組みなどを見ていこう。

車を働かせるために不可欠なバッテリー

投稿日 2014年4月19日 2:34 PM | 投稿者 kuruma

現在の車は多くの機能が電気で動いていいます。ですからバッテリーに異常があると、ほとんどの場合にはエンジンの始動も出来ません。しかも外から見てもコンディションのわかりにくい部品でもありますし、確実な点検も中々難しいです。これを長持ちさせるのには、過充電、過放電を避ける事と、電解液の現象に気をつけることが重要です。自動車のものは過充電には割合強く出来ているのですが、容量があっていなかったり、電力消費が多かったりすると過充電になる事があります。また過放電してしまってエンジンの始動が出来なくて急速充電したときなども過充電しやすくなります。過充電すると電解液が分解されて蒸発し、電極が露出し経版が痛む事がありこの様な状態では寿命が極端に減ります。またライトの消し忘れなどで過放電が起こり完全放電してしまうとやはり寿命が減るほど電極が傷みます。こういうことを避け、エンジンが停止した状態では電気をなるだけ使わないなど、常に満充電になるように保つ事と、電解液の量を適切に管理する事が、重要です。また完全に使えなくなるまで利用せず、ある程度余裕を持って新品に交換することも自動車全体の対する負担からするとその方が得といえます。

コメントを受け付けておりません。