車について

車の仕組みなどを見ていこう。

過充電には要注意

投稿日 2014年4月19日 2:37 PM | 投稿者 kuruma

充電式のバッテリーは色々ありますが、どのバッテリーも過充電と過放電には注意する必要があります。自動車用バッテリーとして一般的な鉛バッテリーも同じように電極を痛めて、バッテリーを消耗させ寿命が短くなります。過放電は充電系の異常や電装系の増設による電力消費の過剰などでも起こりますが、エンジンが始動できなくなるなどの明快な症状が起こりますので、わかりやすいのですが、充電のし過ぎによるトラブルは気付きにくいのでバッテリーの能力が低下するまで気付かない事が多いです。しかも自動車用のバッテリーは常に充電され続けている為に、過剰な充電には比較的強く、電解液が減少するまで気がつかない場合が多いのです。電解液が減少して極版が電解液から露出するような状態になると、電極が一気に劣化しますので、点検が必要です。電力消費に対してバッテリーが小さい場合などに起こりやすくなるので、点検が必要です。またそういうときにはバッテリーの容量を大きな物に交換すると効果的なことがあります。また充電器で充電する場合にも過剰な充電は起こりやすいので、できるだけ急送充電は避けるようにする事がバッテリーを長持ちさせる上で重要になります。
花瓶01

コメントを受け付けておりません。