車について

車の仕組みなどを見ていこう。

バッテリーを長持ちさせるには

投稿日 2014年4月19日 2:34 PM | 投稿者 kuruma

椅子と絵画と花

自動車はエンジンを始動する時や、オーディオを使用する時、夜間ヘッドライトをつける時など、思いのほか電気を使う乗り物です。 そして、この電気を供給するための重要な部品がバッテリーですが、普段あまり車に乗らないのに気付いたらバッテリーが上がっていた、 なんてことも良くあることです。 そこで、車のバッテリーを少しでも長持ちさせ寿命を延ばすためのメンテナンスを考えて行きましょう。

まず、バッテリーがなぜ上がってしまうかと言うと当然、充電されている電気を使い果たしてしまうことにより、上がってしまいます。 では、何時バッテリーは充電されているのかと言うと実は走行中などのエンジンがかかっている時にバッテリーは充電されるのです。 そのため、あまり車を利用しない人はバッテリーが充電される前に、エンジンを止めてしまうためバッテリーの寿命が短くなると言う、 結果になってしまうのです。 そのため、あまり車に乗らない人はたまに長い距離を走ってみるか、バッテリーの充電の為に走行後エンジンをしばらくかけておけば。 バッテリーは充電され寿命が伸びるのです。 このようにバッテリーの寿命を延ばすには、必要な分だけバッテリーを充電しておくことがもっとも大事なメンテナンスになるのです。

コメントを受け付けておりません。