車について

車の仕組みなどを見ていこう。

2014年4月 のエントリー


過充電には要注意

2014年4月19日 - 14:37 | 投稿者 kuruma

充電式のバッテリーは色々ありますが、どのバッテリーも過充電と過放電には注意する必要があります。自動車用バッテリーとして一般的な鉛バッテリーも同じように電極を痛めて、バッテリーを消耗させ寿命が短くなります。過放電は充電系の異常や電装系の増設による電力消費の過剰などでも起こりますが、エンジンが始動できなくなるなどの明快な症状が起こりますので、わかりやすいのですが、充電のし過ぎによるトラブルは気付きにくいのでバッテリーの能力が低下するまで気付かない事が多いです。しかも自動車用のバッテリーは常に充電され続けている為に、過剰な充電には比較的強く、電解液が減少するまで気がつかない場合が多いのです。電解液が減少して極版が電解液から露出するような状態になると、電極が一気に劣化しますので、点検が必要です。電力消費に対してバッテリーが小さい場合などに起こりやすくなるので、点検が必要です。またそういうときにはバッテリーの容量を大きな物に交換すると効果的なことがあります。また充電器で充電する場合にも過剰な充電は起こりやすいので、できるだけ急送充電は避けるようにする事がバッテリーを長持ちさせる上で重要になります。
花瓶01

カテゴリー 未分類 | 過充電には要注意 はコメントを受け付けていません。

バッテリーのパワーを出来る限り守るように工夫する 

2014年4月19日 - 14:36 | 投稿者 kuruma

バッテリーのパワーを出来る限り保持し、バッテリーを長持ちさせるには、車の使い方を工夫をしなければいけません。
車の中で一番電力の負担が大きいのがエンジンを掛ける時です。
イグニションスイッチによりセルモーターを作動させ、エンジンを始動させる仕組みを持ちます。
エンジン始動によりオルタネーターが作動し、バッテリー電源を補助します。
車の中の電装品でもっとも電力を消費するものとして、エアコンがありますがエアコンはコンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、グローファン、コンデンサファンなどの多くの部位の負荷を担います。
そのためある程度電力を要し、それなりに燃費も悪くなります。
それ以外のヘッドライト、オーディオ、ウインドゥー開閉操作、シート、電動スライドドアやハッチなどの開閉操作で使う電力はそれほど大きなものではありません。
エンジンを掛ける操作に比べればその他の電力は差ほどでもないということです。
走行中は発電をしていつも電力を蓄えているため、影響は少ないのですが、停止中にエンジンカットをしてテレビやオーディオを長時間使用したり、エンジン始動時にエアコンの電源が入っており、同時始動となるような場合にバッテリーの消耗が激しくなるため、これを繰り返すことにより劣化が早くなります。
バッテリーは常に電池が充電されている状態がコンディションを保つことになります。

カテゴリー 未分類 | バッテリーのパワーを出来る限り守るように工夫する  はコメントを受け付けていません。

バッテリー関連用品の取り揃え

2014年4月19日 - 14:36 | 投稿者 kuruma

車を動かす為に必須になる存在としてバッテリーが挙げられます。
バッテリーが正常な状態であってこそ車を動かす事ができますので、常に良好な状態を維持する為にも普段からバッテリーの状態には気を配る必要があります。
その為に役立つのが関連用品ですが、用品としては例えばチェッカーが挙げられます。
バッテリーというのは十分な充電があってこそ正常に機能する訳ですが、時には充電不足の状態になっている事があります。
そういった状態ですと、突然エンジンが掛からなくなってしまう恐れがありますので、実際に出先でそういった状態に陥ってしまうと非常に困ってしまうものです。
その為、充電を確認する為のチェッカーを利用し、現在どの程度の充電量になっているのかを確認してみる事が大切になります。
もし、バッテリーが劣化などによって弱くなっている時には交換する必要がありますが、自身で交換する際にはいくつかの用品が必要になります。
例えばレンチなどの用品が必要になりますし、他にもターミナルの汚れを落とす為にもペーパーヤスリが必要になったりもします。
そういった用品を用意しておけば簡単にバッテリー交換をする事ができますし、それによって車の良好な状態を維持し易くなります。

カテゴリー 未分類 | バッテリー関連用品の取り揃え はコメントを受け付けていません。

メンテナンスの基本はバッテリー液のチェック

2014年4月19日 - 14:35 | 投稿者 kuruma

車用のバッテリーは車種によりますが、結構な値段になります。 特にアイドリングストップ機能がついている車の場合、より大型のものが搭載されていることがあり、 いざ交換ともなると車種の割りに高額になるおそれがあります。 一般的には3年の寿命とも言われるバッテリーですが、使い方次第ではもっと長持ちさせることができます。 とはいえメンテナンスは重要で、特にバッテリー液のチェックは必須。 メンテナンスフリーのバッテリーの場合なら、液のチェックは不要なのですが(というより目視でチェックができない) そうではない一般的なものでしたら、目視で簡単にチェックができます。 液の量は上限と下限が設定されており、下限さえ下回らなければOKです。

日ごろの使い方でもバッテリーの寿命は変わります。 バッテリーはエンジン始動時に一番電力を消費します。 だからこそアイドリングストップ機能搭載車は大きめのバッテリーを搭載しているわけですが、 その前のエンジンを切る際、エアコンやオーディオ、細かく言えばワイパーなどの スイッチをすべてオフにしておいたほうがエンジン始動時への負担が軽くなります。 さらにはオートライトのスイッチもオフにしておいたほうがいいでしょう。 またこれは車種によりますが、キーロック時にドアミラー格納機能がある車はエンジンを切る前にたたんでおいたほうが、バッテリーへの負担はより軽くなります。
椅子と観葉植物

カテゴリー 未分類 | メンテナンスの基本はバッテリー液のチェック はコメントを受け付けていません。

車を働かせるために不可欠なバッテリー

2014年4月19日 - 14:34 | 投稿者 kuruma

現在の車は多くの機能が電気で動いていいます。ですからバッテリーに異常があると、ほとんどの場合にはエンジンの始動も出来ません。しかも外から見てもコンディションのわかりにくい部品でもありますし、確実な点検も中々難しいです。これを長持ちさせるのには、過充電、過放電を避ける事と、電解液の現象に気をつけることが重要です。自動車のものは過充電には割合強く出来ているのですが、容量があっていなかったり、電力消費が多かったりすると過充電になる事があります。また過放電してしまってエンジンの始動が出来なくて急速充電したときなども過充電しやすくなります。過充電すると電解液が分解されて蒸発し、電極が露出し経版が痛む事がありこの様な状態では寿命が極端に減ります。またライトの消し忘れなどで過放電が起こり完全放電してしまうとやはり寿命が減るほど電極が傷みます。こういうことを避け、エンジンが停止した状態では電気をなるだけ使わないなど、常に満充電になるように保つ事と、電解液の量を適切に管理する事が、重要です。また完全に使えなくなるまで利用せず、ある程度余裕を持って新品に交換することも自動車全体の対する負担からするとその方が得といえます。

カテゴリー 未分類 | 車を働かせるために不可欠なバッテリー はコメントを受け付けていません。

バッテリーを長持ちさせるには

2014年4月19日 - 14:34 | 投稿者 kuruma

椅子と絵画と花

自動車はエンジンを始動する時や、オーディオを使用する時、夜間ヘッドライトをつける時など、思いのほか電気を使う乗り物です。 そして、この電気を供給するための重要な部品がバッテリーですが、普段あまり車に乗らないのに気付いたらバッテリーが上がっていた、 なんてことも良くあることです。 そこで、車のバッテリーを少しでも長持ちさせ寿命を延ばすためのメンテナンスを考えて行きましょう。

まず、バッテリーがなぜ上がってしまうかと言うと当然、充電されている電気を使い果たしてしまうことにより、上がってしまいます。 では、何時バッテリーは充電されているのかと言うと実は走行中などのエンジンがかかっている時にバッテリーは充電されるのです。 そのため、あまり車を利用しない人はバッテリーが充電される前に、エンジンを止めてしまうためバッテリーの寿命が短くなると言う、 結果になってしまうのです。 そのため、あまり車に乗らない人はたまに長い距離を走ってみるか、バッテリーの充電の為に走行後エンジンをしばらくかけておけば。 バッテリーは充電され寿命が伸びるのです。 このようにバッテリーの寿命を延ばすには、必要な分だけバッテリーを充電しておくことがもっとも大事なメンテナンスになるのです。

カテゴリー 未分類 | バッテリーを長持ちさせるには はコメントを受け付けていません。

バッテリーは徐々に弱くなり寿命がくる

2014年4月19日 - 14:33 | 投稿者 kuruma

クルマのエンジンを指導する時にイグニッションキーをオンにして電流がバッテリー本体からセルモーターに通電することによってエンジンはかかるのですが、この時に一番バッテリーの電力を消費します。その他エアコンやランプ、オーディオ、カーナビパワーウインドウといった電装品にもバッテリーから電力供給が行われ、車のパーツでとても重要な役割を果たしてあるバッテリーも消耗品ですのでクルマの使用の仕方にもよりますが一般的には2年から5年が寿命といわれています。しかし近場を乗るだけの方や夜間クルマを良く使用する場合は交換時期が極端に短くなるケースがありますので定期的な点検が必要となります。バッテリー本体が弱ってくるとエンジン始動時のセルモーターの音が鈍くなったり、パワーウインドウの上がり下がりの動きが遅くなったり、ヘッドライトが暗くなってしまうなどの症状が現れます。バッテリー使用するたびに電気を発生する為に化学反応を起こし、その時に水蒸気を画でますので徐々にバッテリー液が減っていきます。そのバッテリー液が減ることによって内部にある極板が露出してしまうと交換時期が早くなってしまったり本体の破裂に繋がる危険性がありますので、こまめな点検が必要となります。

カテゴリー 未分類 | バッテリーは徐々に弱くなり寿命がくる はコメントを受け付けていません。

ガソリンと同様に電気で走ると行っても良い

2014年4月19日 - 14:33 | 投稿者 kuruma

「車を動かすための燃料は何?」という問いに対して大抵の人はガソリンと答えるでしょう。ディーゼル車の場合は軽油です。しかしながら車を走らせるためには同様に電力がなければならず、加えて「電力も車を動かすための燃料である」と答えても何ら差し支えないと言えます。
まずエンジンのシリンダー内でガスを爆発させるための点火装置(点火プラグ、点火コイル、配電器)は電気を必要とします。これが基本です。そしてエンジンを始動させるためのセルモーターにも電力が必要です。単に車を動かすだけならば以上で十分なのですが、実際には照明、警報、ワイパー、方向指示などの装置やラジオ、エアコン、ライターなども電力を必要とすることになります。そしてこれらに電力を供給するのが蓄電池(バッテリー)や発電機です。車を一定量動かすだけならばバッテリーでその一定量は賄うことができます。しかしながらバッテリーは一定の蓄電容量があり、蓄電容量を使い果たすと車から取り外して充電する必要があります。そこでエンジンによって回転される発電機を備え走行中は発電機で発電した電気を使用すると同時に、バッテリーに充電させます。こうすることでバッテリーからの電力消費を補うことができますし、逐一バッテリーを取り外して充電する必要もなくなるというわけです。
因みにバッテリーは車を動かしていなくても自己放電します。よくあるのが、車をしばらく動かしていないことで起こるバッテリー上がりです。このバッテリー上がりを防ぐためには、数日に一度車を走らせて充電させることが必要です(車を走らせること。アイドリングはエンジンに対して悪影響を及ぼすばかりか燃費にも良くない)。

カテゴリー 未分類 | ガソリンと同様に電気で走ると行っても良い はコメントを受け付けていません。

バッテリーの仕組み

2014年4月19日 - 14:32 | 投稿者 kuruma

バッテリー(鉛電池)は電気を化学的な形で蓄える装置で、電気回路に接続されると、化学エネルギーが電気エネルギーに変換されます。
その仕組みは、内部が6つ(セル)に区切られたケースの中の1つずつに陽極、陰極及びセパレーターで構成された電気化学電池で6コのセルをセル間コネクターでつなぎ合わせ両端のセルに陽極と陰極がターミナルとして取り付けられています。
各セルは希硫酸で満たされていて放電するたびに硫酸濃度が薄くなり、充電すると硫酸濃度が濃くなるように化学作用が行われ充放電時の化学反応で水分が蒸発します。
鉛電池が放電すると、2つの電極の陽極と陰極間で電気化学的反応が行われ、車両の回路(ランプ、AV機器、スターターモーター等)を介して電子が陽極と陰極間を移行します。
放電が進むにつれて硫酸中の硫酸基が極板と反応して硫酸中の水素と極板の二酸化鉛中の酸素とが結合して水を生成して硫酸が薄くなります。
電気の消費量が増加し電解液中の硫酸分が薄くなることで(硫酸濃度が低くなり)硫酸が極板の活物質と反応して消費されると鉛電池の電圧が降下して、電流をとりだせなくなります。
消費される硫酸量は鉛電池から取り出される電気量に正比例するので、放電すると、電解液濃度が降下していく現象を利用して電解液の比重を計測することで、鉛電池の電気量を推定することが出来ますが、鉛電池の使用時間が長くなると極板中の鉛が崩壊して電池下部にたまり、充電しても化学反応が出来なくなり硫酸濃度が濃くならないようになり、鉛電池寿命をも比重計で判別が出来ます。

カテゴリー 未分類 | バッテリーの仕組み はコメントを受け付けていません。