車について

車の仕組みなどを見ていこう。

車を動かす立役者 

椅子03

自動車には電源であるバッテリーが搭載されています。 この役割はエンジンを始動する役割に、停車時の電源の役割の両方がありますが、簡単に言えば電池としての役割です。 まずエンジンを電池でスタートさせます。 エンジンがスタートすればオルタネーターにより発電が始まります。 オルタネーターによる発電がスタートすれば、電力供給がオルタネーターにより行われます。 また、電池への充電も同時に行います。 電池の電源をオルタネーターが補助し電力供給し、常に電池の状態も充電が満たされた状態をキープしているのです。 イグニションキーや最近の車ではプッシュ式エンジンスターターのスイッチを押し、電池からの電源を受けセルモーターを回し、エンジンを回転させることによりオルタネーター発電が同時にスタートします。 車の走行では点火プラグや車内電源、ヘッドライトと多くの電力を必要とします。 これらの電力の全ては自力供給にてまかなわなければいけません。 大きな車では大きめで小さな車は小さ目とその車にあった電池が必要で、夜間の走行などでは大きな消費電力となるため、電池と発電機の両方での電力でまかなうため、夜間走行が多ければ電池の消耗度も早くなるということが必然化します。